めずらしい食べ物を紹介します。これはバカラルという主にパンに塗って食べるものです。バカラルとは、日本でいうタラ。正式名は大西洋タラというそうで、ポルトガルでよく食べられている魚ですが、このようにしてスロベニアでも食べます。...

隔離政策は3週目に入りました。スロベニアでは少なくとも4月中旬まで続くと言われています。スロベニアでは4/1現在、検査を受けた方は23,762人、その内感染者が841人、そこから入院されている方は119人でその内集中治療を受けている方は31人となっており、死者は15人となってしまいました。政府は、「このウイルスに打ち勝つにはそれを広げないように努力するしかない。代わりの策はない」とコメントしています。  学校、食料品店や薬局を除くお店が閉まり、公共交通機関もストップ、年金受給者、障害者、妊婦さんなどの感染が心配される方のお買い物時間制限に加え、さらなる政策が発表されています。

 今ははちみつの方が砂糖よりも高価なものなのですが、以前スロベニアではその砂糖の代わりにはちみつを料理にも使用していました。なんでも、ソーセージやハム、プロシュート、パンも手作りしていたわけですから、健康的だったのだなと思います。...

お土産に重いものは考えてしまう。荷物になるのはいやだ。。 そういう方におすすめなのはスロベニアのボビンレースです。このレースはスロベニアの大事な文化遺産の一つで、長い歴史があります。名前にもなっているイドリアのレース(Idrijska...

スロベニアの代表的な食べ物といえば、このヨータにつきます。スロベニア人なら絶対人生で1度は食べたことがあるはず。もしかして食べすぎて嫌いな人もいるかもしれません(笑) これもとてもシンプルな料理でランチだったり、山小屋には100%置いてあるメニューの一つです。

スロベニアでも実はシーフードを食べます。近年サーモンなどの魚の栄養が見直されたり、お寿司など和食が人気になったりなど、魚を食べる方が増えました。もちろん、日本のように日常的に食べる食品ではありませんが、絶対食べられないという訳でもないんです。...

Bohinj Lake from Vogel mountain.
ブレッドから車で20分行ったところに、ボヒンという街があります。そこはスロベニアで唯一の国立自然公園区域に指定されている場所で、スロベニアで1番大きい氷河湖があり、周囲は山々に囲まれ、アルプスも見える事ができる、スロベニアの自然を堪能できる美しい場所です。...

旅では特に女性だと、便秘になる事がありますよね? スロベニアではお手軽にスーパーで天然の便秘薬が手に入ります!

スロベニアでも自主隔離政策中で、観光施設、レストラン、バーもしまっている状態ですが、スーパー、薬局、病院はほぼ通常営業です。 外出もなるべくしないようにとなってますが、食料品を買う場合、散歩は問題なく外出できます。しかし、スーパーにはある程度ルールを作ってあるところもあります。 まず一つめは、一度に入れる買い物客は230人まで。

3/22、朝6時ごろクロアチアでマグニチュード5、3の地震が起こりました。スロベニアでも地震を感じた人は多いですが、私は全く気づかずニュースで知った次第です。 被害が大きいのは首都ザグレブの旧市街。古い建物がダメージを受けています。大聖堂の塔も崩れてしまったようで、このような地震は、1880年の地震以来およそ140年ぶりなのだとか。ちなみにその19世紀の地震の時も大聖堂は壊れてしまったそうです。

さらに表示する