シュコツィヤン鍾乳洞について


シュコツィヤン鍾乳洞は1986年11月28日にスロベニアでユネスコの世界自然遺産に指定された鍾乳洞です。

1999年ラムサール条約で、地下の湿地地帯として国際的に重要な湿地のリストに登録されました。2004年にはシュコツィヤン一帯がカルストの生物圏保存地区としてユネスコの人間と生物圏(MAB)プログラムに登録されています。

 

シュコツィヤンの洞窟システムは多くの洞窟、小道、洞窟の天井が抜け落ちてできた渓谷、自然の橋、陥没穴によって成り立っています。この壮大なシステムは、レカ川によって形成されました。レカ川はだいたい50キロメートル地上を流れ、そのあとカルスト地形の地下を流れ、もう一度イタリアのトリエステ湾近くのティマヴォの泉で地上に流れてます。この豊かな自然遺産はいくつかの貴重でこの土地に元来生息した地下生物、そして特に地上の乾燥したカルストの牧草地も含まれます。

 

スロベニアは鍾乳洞大国なのでぜひ、スロベニアに来たら行って欲しい場所です。日本では見ることができな大自然を満喫して欲しいと思っています。しかも鍾乳洞はどんな天候・季節でも一定した環境で満喫できますので、万が一悪天候だったとしても、少なくともスロベニアの見所はしっかり満喫できるわけです。

 

 

観光ルートは主に3つありますが、1番人気は地下にある渓谷をみるツーリストパス1。およそ1時間半かけてアップダウンがある洞窟内を、グループで専門ガイドさんと一緒に歩きます。普通は英語、スロベニア語、ドイツ語、イタリア語のグループに別れて観光することになります。混雑する時期は春と夏です。

 

下に今年のタイムテーブル、料金、ギャラリー(洞窟内は撮影禁止なので外観のみですみません)の情報を記しました。

 


ギャラリー


2020年のタイムテーブル

1月 10:00     13:00   15:00      
2月  10:00     13:00   15:00      
3月  10:00     13:00   15:00      
4月 10:00   12:00 13:00     15:30    
5月 10:00   12:00 13:00     15:30    
6月 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00   16:00 17:00
7月 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00   16:00 17:00
8月 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00   16:00 17:00
9月 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00   16:00 17:00
10月 10:00   12:00 13:00     15:30    
11月 10:00     13:00   15:00      
12月 10:00     13:00   15:00      

*イタリック(斜め書き)担っている箇所は、土日・祝日のみ営業している時間で、平日はやって降りませんので、ご注意ください。

洞窟観光のルール!

 

  • 写真や動画撮影は禁止なので思い出は目に焼き付けましょう
  • ペットと一緒の観光は禁止
  • 1年を通して洞窟内は12度なので夏は上着を持ってくること
  • 指定されたルート以外の道を歩かない
  • 鍾乳石に触らない

2020年の料金

  大人

学生

(26歳以下。IDの提示をお願いします)

子供

1月、2月、11月、12月 16€ 12€ 7,5€

3月、4月、5月、6月、

9月、10月

18€ 14€ 9€

7月、8月

20€ 16€ 10€

シュコツィヤン鍾乳洞のアクセス


電車で

鉄道駅DIVAČAで下車。駅には地図があり、道中はわかりやすいサインがあります。それから鍾乳洞までは約3キロあり、30~40分ほど徒歩で時間がかかります。

 

車で

高速道路を使えば首都リュブリャナからは約1時間あれば到着します。Koper/Trst/Postojna方面のレーンで走り、DIVAČAで高速を降りたあと、Matavunという村に向かって走ると、鍾乳洞のサインが見えます。