アイバル(Ajvar)


真っ赤なソースのアイバルは、スロベニアを含む旧ユーゴスラビアの国々で使われている万能ソースです。元々はスロベニアからずっと東にあるマケドニアで作られたそうで、材料はパプリカやナス。まずそれらをオーブンなどで焼いた後に油と混ぜて塩などを入れ味を整えるという作り方。スロベニアではあまり手作りしているご家庭は少ないと思いますが、一度クロアチアのお友達のお母さんの自家製のアイバルソースを食べたら、絶品。パプリカは果物のように甘くジューシーで既製品とは全然違うんですよね。私の周辺ではそこまで大量のパプリカが取れないので、必要な人は100%スーパーで買って来ます。

 

 

レストランなどで出されるときはまず辛いアイバルを食べることはないと思いますが、お店で買うときは少し注意が必要で、PEKOČと書いてある場合は辛味あり、NEPEKOČとあるときは辛味なしとなります。気をつけてくださいね。

 

上の写真はチェバプチチという肉料理で、ひき肉を細長く形作って焼いたものです。豚肉、牛肉、またはそれを混ぜたひき肉を使って作ります。ムスリム教徒の人がいるボスニアでは100%牛ひき肉を使っていてまた美味しいです。バーベキューの定番料理ですし、レストランなどで割と安く食べられる料理です。アイバルはこのチェバプチチと一緒によく出て来ます。写真のように、生の玉ねぎ、レピニャと呼ばれるひらたいパンと一緒に食べるのが定番です。

 

 

あんまり家では肉を焼かないので、こうしてスクランブルエッグを作った時にたっぷりかけて著者は食べてます。スロベニアだけではなく、お隣のクロアチアや旧ユーゴスラビアの国でよく食べられるアイバル、ぜひ機会があればスロベニアで試してみて欲しいです。また、スーパーでも販売しているので、ぜひお土産にもどうぞ♪