スロベニア風はちみつの使い方


 

 今ははちみつの方が砂糖よりも高価なものなのですが、以前スロベニアではその砂糖の代わりにはちみつを料理にも使用していました。なんでも、ソーセージやハム、プロシュート、パンも手作りしていたわけですから、健康的だったのだなと思います。

 

 私からもお土産としてオススメしているはちみつをぜひ色々にアレンジしていただくため、スロベニアでどのように使うかを紹介いたします。

 


お茶に入れる


砂糖の代わりにはちみつをお茶に入れて飲みます。

スロベニアにあるお茶は、フルーツティー(酸っぱいです)、ハーブティーなど。特にPlaninski  Čajと呼ばれるハーブティーは山にあるハーブで作ったお茶で、山小屋でよく出されますし、スーパーでも購入できます。

 

またスロベニアでお茶を飲むときは風邪を引いたとき。そこにはちみつを加えて飲みやすくして、免疫を高めるのでしょう。砂糖よりも優しい甘みでエネルギーと一緒に健康成分もバッチリ摂取できます。

 

 


パンとバターでスロベニアの伝統的な朝食


スロベニアの伝統的な朝食は、パン、バター、その上にはちみつをかけたもの。

 

 

それに牛乳やリンゴも一緒に食べます。全てスロベニアで十分取れるものばかり!

スロベニアではパンをトーストしたりしなくて、柔らかいまま食べます。種類も豊富でみなさん日本の方にもパンが美味しいと評判です。

 

ぜひ日本でもパンとバターとはちみつを合わせて食べてみたらいかがでしょうか?

 

 


お菓子を焼くときに使う


砂糖の代わりにクッキー、マフィンなどを焼くときに使いましょう。はちみつは甘いですが、果糖が砂糖よりも多く含まれているため同量の砂糖を使用するよりも甘みが強くなります。

 

焼き上がりは真っ白ではなく、黄色ぽっくなりますが味は大丈夫!

 

日本食ではみりんや砂糖を使いますよね。その代わりにはちみつで代用するのもいいかもしれません。本当に大さじ一杯入れるだけで焼き菓子に甘みが感じられますので、オススメの利用方法です。

 


ヨーグルトに混ぜる


 

 プレーンのヨーグルトにはちみつを入れるのも美味しいですが、もしあれば果物を入れたりすれば完璧!

 

 私が1番好きな食べ方かもしれません!果物もたくさん食物繊維あって健康的で自然の甘みがあって美味しいけど、物によっては全然甘くなかったりもするので、そこにはちみつをすこしかけるだけで大満足。

 

 

 


まとめ


 

 どうでしたか?みなさんが活用できそうな方法はありましたか?!普通の砂糖のように、ブドウ糖や加藤のほか、ビタミンやミネラルも入っている天然の甘み、はちみつをぜひ日常生活に取り入れてみてください。ただし、健康的だからといって食べ過ぎは禁物です。

 

 はちみつスプーン1杯のカロリーはおよそ64キロカロリーと言われています。毎日少量、または体調がすぐれないときに摂取して健康体をキープしましょう。