スロベニアで売り切れのアイテム


 

スロベニアでも自主隔離政策中で、観光施設、レストラン、バーもしまっている状態ですが、スーパー、薬局、病院はほぼ通常営業です。

 

外出もなるべくしないようにとなってますが、食料品を買う場合、散歩は問題なく外出できます。しかし、スーパーにはある程度ルールを作ってあるところもあります。

 

まず一つめは、一度に入れる買い物客は230人まで。

 

 

入り口には警備員さんがいて、きちんと入場者数を把握しています。もし230人になったら列を作って並ばないといけません。

 

店内には数カ所手の消毒液があって予防対策は徹底しています。

 

さらに長く続く自主隔離のためか、年金生活者、妊婦さん、そして障害者さんは8:00から10:00までの間に買い物するようにという看板も出ています。

 

 

どいうことかというと、もし並ばないといけなくなった場合優先的に入場できるということです。レジに並ぶ時もそう!昨日、今日とスーパーへ行きましたが、並ぶことはなかったですが、いい制度だと思います。下の2行には、「団結と理解をよろしくお願いします」と書いてあります。

 

ヨーロッパで叫ばれていることですね。

 

スーパーの中も仕切りができ、入る時、帰るときに通る通路が決まっていたりはすでにしていましたが、今は買い物カゴがありません。カートのみ利用可能になっています。

 

そして売り切れになっている棚や冷蔵庫は見当たりません。前回は冷凍庫やお肉が品薄でしたが、トイレットペーパーは普通にありますし、洗剤も大丈夫です。

 

ただ売り切れになっている商品を見つけました!それは。。。。。

 

 

イーストです!前回来た時は生のイーストが売り切れでしたが、今回はドライイーストが売り切れていました。値札の間には注意書きがあって、「家族あたり適切な数を購入してください」という事が書いてあります。

 

みなさん自宅待機ですから、じっくり料理をする時間があるわけでスロベニアではまあパンをよく食べますし、ドライイーストはピザ生地にはもってこいですから、売れるんですよね。

 

発酵時間をとるとまあまあ時間かかりますから、普段は手作りでパン作ったり、ピザ作ったりする人はいないです!

 

そういう著者もピザデビューしました!やってみるとはまってしまい、隔離製作中極めたいなと思います。

でももちろん、適切な量の購入を守って。